わきが 多汗症 治療.com

わきが 多汗症 治療.com
わきが、多汗症 の治療情報から、わきが、多汗症のケア商品まで、わきが、多汗症 に関する情報をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

わきがの 予防法 4 栄養バランスのよい食事

わきがなど、体臭にはアポクリン汗腺エクリン汗腺皮脂細菌が大きく関係しています。


これらの過剰な分泌、増殖を抑制することが、わきがなどの体臭の予防には必要です。


具体的には、食生活の欧米化などにより、偏りがちな食事を改善する為、栄養バランスのよい食事を摂ることが大切になってきます。


皮脂腺からの脂肪分の代謝を正常に保つため、ビタミンB2、B6、C、パントテン酸の内服も効果的といえます。。
スポンサーサイト

わきが の 予防法 3 わきがとアルカリ性食品

アルカリ性食品とは、緑黄色野菜、バナナ、梅干、わかめやこんぶ、こんにゃく、しいたけ、ほうれんそう、大豆、など、のことを言います。

体臭、わきが臭予防の観点からは、アルカリ性食品を多く摂取することが望ましいといわれています。

近年の食生活の欧米化で、わきが体質の人が増加傾向にあります。

わきがの原因のひとつである、アポクリン腺の数は、遺伝形質によって生まれた時から決定されていて、食生活などの環境要因で変わることはありません。

しかし、欧米化された食事を続けていると、アポクリン腺自体の数は変わらないのに、アポクリン腺の分泌活動が盛んになり、より強いわきが臭を発生するようになるといわれています。

また、体内の血液や体液で、わきが臭などの不快なにおい成分に生成されやすいのは、「体内に活性酸素が生じやすい環境の時=体の状態が酸性に傾いている状態」とも言われています。

上記のようなアルカリ性食品を摂取する事で、体臭予防のために、自身の体を「アルカリ傾向」に保つことが大切になってくるようです。

わきがの 予防法 2 わきがと 動物性タンパク質

タンパク質は、肉・魚・卵・乳製品・豆類などの食品に多く含まれている栄養素です。


このうち、肉や卵、乳製品などといったものに含まれている、動物性タンパク質の摂りすぎもわきがの原因のひとつであると言われています。


アポクリン汗腺から分泌される汗は蛋白質成分を多く含んでいて、アポクリン汗腺から分泌された直後の汗には、わきが臭はありませんが、細菌により分解されることにより、わきが独特のにおいを発するようになります。


わきが人口が全体の8割とも言われている欧米人は、歴史的に狩猟民族であり、動物性のタンパク質や脂肪分を、日本人は農耕民族であり作物からタンパク質や脂肪分を摂ってきました。


このようなことから、長い時間が経つうちに、欧米人と日本人などでは体質の違いが確立され、体臭にも食生活の違いが大きく影響を与えることになったと考えられています。


しかし近年、日本人の食生活が欧米人と似通ってきているため、わきが体質の方が年々増加してきている傾向があるようです。

わきがの 予防法 1 わきがと動物性脂肪

動物性脂肪は、牛肉や豚肉、またはこれらの動物から採れた脂身やラード、バターなどに含まれています(鶏は除外)。


動物性脂肪を摂りすぎると、わきがの要因の一つであるアポクリン汗腺から分泌される分泌物に、わきが臭の原因とされている脂肪成分が増えると同時に、皮脂腺からの皮脂の分泌も盛んになるため、わきがが発生しやすくなるといわれています。


肉類中心の食生活、動物性脂肪をたくさん摂取する食生活の欧米人にわきがの方が多いのも、これが関係していると言われています。


日本人は今でこそお肉を沢山食べるようになっていますが、日本人に欧米人に比べてわきがが少ないのは、昔からの野菜や魚介類が中心の食生活に大きく影響されているからであるといわれています。


さらに動物性脂肪は 「飽和脂肪酸」という悪玉コレステロールでもあり、血液中で活性酸素に出会うと過酸化脂肪酸となり血管内に蓄積するようになり、老化、高血圧、脳梗塞、ガン等他の病気の原因になることも分かっているので、食べるにしてもほどほどにしておきましょう。
ブログ内検索
RSSフィード
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の記事
相互リンクのご案内

●相互リンクして下さる方へ
相互リンクのお申し込みは相互リンクからお願いします。

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。