わきが 多汗症 治療.com

わきが 多汗症 治療.com
わきが、多汗症 の治療情報から、わきが、多汗症のケア商品まで、わきが、多汗症 に関する情報をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://wakiganonayami.blog56.fc2.com/tb.php/61-433e8968
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

わきがの 予防法 ミョウバンでわきが、体臭予防法 3

デオドラント剤としてのミョウバンの使い方。

1.ミョウバンの粉末を直接、腋の下に塗布する。

焼きミョウバンならすり鉢で擦って粉にしてから塗布します。
汗を抑えたい場合にいは、これだけでも効果はあるそうです。


2.水に溶かした溶液をスプレーなどで腋等に吹き付けると、ミョウバンの酸性の性質を利用するできるので、より効果的です。


3.ミョウバン水の作り方。
市販のミョウバン(50g)を、1.5リットルのペットボトルに入れ、水道水を注いで蓋をしてよく振る。

ミョウバンが溶けない場合には、1日そのまま放置すると、溶解して透明の液になります。

これを、ガーゼに浸して、腋の皮膚を拭いたり、又は、スプレー器に入れ、直接皮膚にスプレーするのもよいでしょう。皮膚にスプレーされた水は蒸発してミョウバンが残り、皮膚も弱酸性に保たれます。


4.より消臭作用を強くしたい場合には、水道水の代わりに、濃い目の緑茶で溶かします。

緑茶のカテキンは強い植物消臭作用がありますので相乗効果が期待できます。さらにその中にレモン汁をたらしてもよいでしょう。
レモンの香りがマスキング効果をもたらすのです。

この原液は冷蔵庫の中に保存するなら、1ヶ月近くもちますが、100円程度のものですから1~2週間に1回程度新しいものを作るのがよいでしょう。

 さらに、原液を30~50ccくらいお風呂に入れて、ミョウバン浴をするのもよいでしょう。ニオイだけでなく、子供のあせもやアトピーにもよいようです。ただ、あまり濃くすると酸性の作用でお風呂の金属が傷むことがありますので注意しましょう。

以上のように、ミョウバンは最も古く、最も安く、最も身近で安全なデオドラントと言えるでしょう。
ただし、なんでもそうですが、いくら安全と言っても体全体にスプレーしたり、顔に吹き付けたりはしないようにしてください。
汗をを抑えるということは、発汗作用を抑制して体温調節に影響することもあります。
また、人によってはかぶれることもありますので、自分の皮膚にあった濃度のものを使用することも大切でしょう。
スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://wakiganonayami.blog56.fc2.com/tb.php/61-433e8968
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
RSSフィード
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の記事
相互リンクのご案内

●相互リンクして下さる方へ
相互リンクのお申し込みは相互リンクからお願いします。

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。